i_syouhinitiran.gif i_payment.gif i_kagomiru.gif i_okyakusamanokoe.gif i_kaisyagaiyou.gif i_hishihogura.gif i_top.gif

« アメリカの友人からのメール | メイン | 三寒四温 »

2011年03月27日

日本語の不思議な言葉&表現

毎日、テレビを見る度に、心が痛みます。

震災から、もう2週間経つから、出たばかりの雑誌にも信じられないような写真が掲載されています。

僕の理解不足だったのは、あの原子力発電所の3号機だけは「プルサーマル発電」に切り替わっていて、もうMOX燃料
=(混合酸化物燃料の略称であり、使用済み燃料中に1%程度含まれるプルトニウムを再処理により取り出し、二酸化プルトニウム(PuO2)と二酸化ウラン(UO2)とを混ぜてプルトニウム濃度を4?9%に高めたものである[1]。主として高速増殖炉の燃料に用いられるが、既存の軽水炉用#転送 燃料ペレットと同一の形状に加工し、核設計を行ったうえで適正な位置に配置することにより、軽水炉のウラン燃料の代替として用いることができる。これをプルサーマル利用と呼ぶ。)←WIKIPEDIAより引用。

で、その3号機に使われている、プルトニュウムが、万一、メルトダウン(しているか、すると言うのかが、今、微妙で判断出来ないところですが、海外メディアはこれを一番心配している=日本だけの被害に留まらないから!)したら、これは除去が不可能で、人の住めない地域が永遠に出来るのではないかと言う恐れがあるそうです。


下記の西日本新聞に、その記事が出ていました。↓
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/233873
(旧ソ連で1986年に起きたチェルノブイリ原発事故について、人や環境に及ぼす影響を調べているロシアの科学者アレクセイ・ヤブロコフ博士が25日、ワシントンで記者会見し、福島第1原発事故の状況に強い懸念を示した。)

上記のソ連の科学者からは、こんな指摘もあったそうです。

曰く

”日本政府は、国民に対し放射能被害を過小評価している。
「健康に直ちに影響はない」という言い方はおかしい。
直ちにではないが、影響はあるということだからだ。”

なるほど、その通り!!!

「直ちに影響はありません」と断定的に言える人って、凄いねえ、どんな顔して、どのお口で、そんな日本語の使い方ができるのでしょうか?

何年後にかには、影響があるかもしれないけれど、その頃には、自分は担当を外れているから、その言葉の責任はとらんでも良いとでも、思っているのかしらん・・・・

愛の無いお言葉に聞こえます。

無責任って、こういう言葉なんだー

だれが発明した言葉遣いなんだろうか?

ブログランキングに参加中です!ボタンをポチッと押して応援いただけると嬉しいです。
感謝します。→ banner_02.gif

投稿者 hishihogura : 2011年03月27日 12:06

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.yamato-soysauce-miso.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/735

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)