i_syouhinitiran.gif i_payment.gif i_kagomiru.gif i_okyakusamanokoe.gif i_kaisyagaiyou.gif i_hishihogura.gif i_top.gif

« 白山市(美川町)の山長寿司さんにて | メイン | 新宿高島屋さんの催事=味百選 »

2014年01月04日

あけましておめでとうございます。

午年にちなんで、「勢力の盛んな様子」=旭日の写真を載せます。
金沢港の朝焼けです!
我社から東の空=富山県は立山方面に向かって撮った写真です。


2014.01.04%20asahi.jpg


「去年今年貫く棒の如きもの      虚子」

昨年は、「糀部」から生まれた、「発酵食美人食堂」や、「発酵食大学」と、新しい芽を出す年でした。
午年は、それが更に育って大きくなる年だと期待しております。

昨年12月には、 「和食;日本人の伝統的な食文化」がユネスコ無形文化遺産に登録されたというニュースが飛び交って、賑やかでしたね。
でも、海外では確かに和食はブームですが、翻って、足元を見てみると、朝食は皆パン食になって、ご飯も味噌汁も食卓にあがる回数は減っているし、油物の惣菜が増えて、伝統的な季節野菜の煮物料理というのは家庭からご無沙汰しているのではないかと心配です。
無形文化遺産って、なくなってからそう言われないように、食品メーカーとしては、いろいろな広報にも
頑張っていかねばと、決意を新たにした次第です。

伝統的な和食というのは「一汁三菜」という、季節の旬を大事にして、海のものと山のものと野のものとを合わせて、口中調理(口の中で噛み噛みして味を楽しむ)で楽しむというモノです。
出汁(だし)を取るという調理プロセスも大事な要素です。
でも、実際には三菜とも手料理(手造り)というのは、日常生活では難しいとしたら、私が年賀状でもご紹介したのは、「一汁一菜一糀」という造語の実践です。
一菜だけは季節の野菜やお魚等を手をかけて創って欲しい。
そうすることで和食の調理過程が子供たちに伝わる。
おかずが足りなければ、あと二菜は買ってきたお惣菜でOKです。
でも、そのソースには糀をつかって、糀の出す「酵素」を体に取り入れて欲しい!
こう願うのです。

今年も、ヤマトは「一汁一菜一糀」を掲げて、伝統食の良さ=糀を使った発酵食品の良さを、変わらず伝えてまいります。
出来る限りヤマトらしい、お客様にわかり易い、皆様がより楽しい気分になるようなやり方で表現するように努めます。
変わらぬご愛顧を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

多謝

山本晴一

投稿者 hishihogura : 2014年01月04日 16:23

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.yamato-soysauce-miso.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1066

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)